水のトラブルで蛇口から水が止まらないケース

水のトラブルはいろいろと起きるものです。その中でも、蛇口の水が止まらない現象は、よくあることです。水が止まらない状況になると、当然水や水道料金など、資源もお金も無駄になってしまいます。
構造さえ知っていれば交換することはできますが、蛇口 交換に自信がないと感じた時には、業者に依頼して確実に修理することが大切になってきます。水が止まらなければ、驚くほどの損害になるからです。

■基本となるツーレバー水栓

蛇口を見てみると、基本的には2つの種類に分けることができます。一般的に使われているのがツーバルブ水栓と呼ばれる構造です。水とお湯のハンドルに分かれているのが特徴で、給湯器からのラインとも接続されています。水とお湯のハンドルを手動で調整することで、量や温度を調節することができるタイプです。
よく見かける構造ですが、ハンドルを外した後にキャップを外せばビスが見えます。これを外していくと、内部にはパッキン抑えがあり、下にパッキン、スピンドル、コマ、ナットとなっているため、順番に外していくことで解体が可能です。組み上げるときも順番に組み直していくことで容易にできるため、交換としても難しくはありません。

■増えてきたワンレバー混合水栓

カートリッジを交換するタイプとなっているのがワンレバー混合栓です。かなり増えてきましたが、レバーが1本なのが特徴です。築年数の浅いマンションなどで使われることが多くなってきていますが、交換するためには上から化粧ナット、リング、バルブカートリッジになっていることを理解しておかなければいけません。
カートリッジ抑えの部分を外すと下のバルブカートリッジが交換できるようになりますが、消耗品であるためここまで解体しなければ修理ができません。構造が根本から異なるタイプのため、修理が難しいと思ったときには、専門業者に交換を依頼することが順当です。費用的には掛かりますが、確実に交換することができます。

■まとめ
蛇口 交換といっても、自分で修理するには簡単ではないこともあります。接続部分が固着して回らなければ、蛇口を外すことも難しい場合もあるでしょう。部品も購入してこなければいけませんし、構造的な知識を持って対応する必要も出てきます。資料で見るように簡単には外れないこともありますので、無理だと感じた時には、すぐに専門業者に依頼して交換してもらい、正常に使えるようにするべきです。無理をして使えないことのほうが、水のトラブルとして大きな問題になるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ